キューサイ商品の定期10%割引

最大20%OFFのお得なまとめ買い



九州・島根産ケール100%青汁
キューサイ青汁(冷凍タイプ)

青汁パック&グラス

キューサイ青汁(冷凍タイプ)

青汁NO1
  • キューサイ青汁(冷凍タイプ)を注文する
    通常価格1セット(7袋入) 1,130円(税込)
    ※ご注文は4セット以上でお受けしております。送料無料【クール便】
    ■冷凍品のためクール便での配送となります。
    ※冷凍品と常温品は、品質管理上、配送方法が異なるため同梱はできません。
    したがって、冷凍品と常温品を同時に購入された場合には、 それぞれのご購入金額に応じて、送料が自動的に計算されます。
    冷凍品と常温品の合計金額での送料計算ではありませんのでご注意ください。

  • 【4セット定期お届けコース】
    キューサイ青汁4セット定期お届けコースを注文する
    価格:4,520円(税込)
    ※毎回ご注文の手間なく、自動的に継続してお届けするコースです。

  • 【5セット定期お届けコース】
    キューサイ青汁5セット定期お届けコースを注文する
    価格:5,650円(税込)
    ※毎回ご注文の手間なく、自動的に継続してお届けするコースです。


Q&Aはこちら

キューサイ青汁(冷凍タイプ)1袋(90g)で緑黄色野菜約100g分(ケール生葉換算)

商品名: キューサイ青汁(冷凍タイプ) 
※ケールの産地は九州と島根県です。
内容量: 1セット(90g × 7袋)
◆飲用量の目安:1日2袋
◆1袋(90g)で緑黄色野菜約100g分(ケール生葉換算)
原材料名

栄養成分:
国産ケール(農薬・化学肥料不使用)、ビタミンC

エネルギー/10~32kcal、たんぱく質/0.6~1.9g、脂質/0.1~0.3g、炭水化物/1.6~5.6g(糖質/1.4~5.3g、食物繊維/0.1~0.4g)食塩相当量/0.05~0.11g、ビタミンC/122~252mg、ビタミンK/48~139μg、カルシウム/79~226mg、カリウム/156~310mg ※ 天産物を原料としているため、季節によって成分値は変動します。 ※ 栄養成分表示/1袋(90g)あたり
◆この商品はビタミンKを含みます。心臓、脳、血管などの疾患(いわゆる血栓症)でワルファリンカリウム(ワーファリン)などを服用中の方はご利用を避けてください。
※栄養成分表示/1袋(90g)あたり
保存方法: ・冷凍庫(-18℃以下)で保存してください。
・解凍する時は、袋のまま水またはぬるま湯につけてください。もむと早く溶けます。
・着色料、保存料を使用しておりませんので、解凍後はすぐにお召し上がりください。
・一度解凍したものは、すみやかにお飲みください。再凍結はしないでください。
・開封しにくい時は、ハサミをご使用ください。
【ご注意】: ・お薬を服用中の方、野菜摂取制限を受けている方、通院中の方は、医師とご相談の上、お召し上がりください。
・この商品はビタミンKを含みます。心臓、脳、血管などの疾患(いわゆる血栓症)でワルファリンカリウム(ワーファリン)などを服用中の方はご利用を避けてください。
・他の食品と同様、体質や体調によりまれに発疹、嘔吐、下痢、便秘、アレルギーなどの症状がでることがあります。お体に合わない場合は、ご利用を中止し、医師にご相談ください。
・一度にたくさん飲むと、体調によりおなかがゆるくなることがあります。
・熱湯や電子レンジで解凍しないでください。
・開封時、衣服などを汚さないようにご注意ください。
・天産物を原料としている為、色、味等が異なることがあります。

■ 農薬・化学肥料不使用の九州・島根産ケール100%青汁

安心・安全でなければ青汁ではない

農薬・化学肥料不使用の九州・島根産ケール100%青汁

野菜不足を補い、自然が育んだビタミンやミネラルを毎日補充していただいてこそ青汁はお役に立てるのです。

毎日飲んでいただくものに不安な要素が含まれていては安心をご提供できない。だから農薬不使用・化学肥料不使用にとことんこだわって栽培しています。

しかも原料のケールは有機JAS認定を取得した島根のキューサイ ファームと、農薬・化学肥料不使用を条件に契約した九州の農家の方々によって栽培されています。

農薬・化学肥料不使用へのこだわり

虫取り

農薬を使用しないため、昼夜を問わず、人の手でケールの葉を1枚1枚調べ害虫を取り除きます。

残留農薬検査

キューサイ青汁は、農薬・化学肥料不使用のケールを原料として使用。そのため近隣の畑からの飛散農薬の影響がないことを確かめるため、残留農薬検査を青汁全ロットで実施しています。

国の基準を超える厳しい基準値を設定し、分析装置を用いて検査を行っています。

万が一にでも検出されたらそのロット全ての青汁が廃棄処分されます。

■ 九州・島根産ケール100%青汁

 

キューサイ青汁

スーパー野菜・ケールは、キャベツやブロッコリーの原種にあたる植物です。 ビタミン・ミネラル・食物繊維など、現代の食生活で不足しがちな栄養素をしっかり含んでいます。

キューサイ青汁

ケールの 「カルシウム」は、驚きの吸収率!

ケールのもう一つの特長は、カルシウムの吸収率の高さです。

キューサイ青汁


キューサイ青汁

 

■ 健康な土へのこだわり

健康な作物には、人間と同じように微量なミネラルが欠かせません。だから、畑ごとに土壌分析を行い、土の栄養状態や性質に合わせてバランスの整った健康な土へと改良していきます。

健康な土では、青汁の原料のケールが根を長く細かく伸ばし、土の栄養を十分に吸収して虫や病気に強い、健康で栄養価の高いケールになるのです。

土の画像

■ 露地栽培で自然そのまま

季節で味が変化!!

季節によって微妙に味が変化するのがキューサイ青汁の特徴です。青汁の原料となるケールは、一年中収穫できる野菜ですが、季節や産地によって味が変わります。

特に冬に収穫されたケールは甘くなります。それは、寒さが厳しくなるとケールもキャベツや白菜などの野菜と同様に霜や雪によって葉が凍ってしまわないように、葉に糖分を蓄える作用があるためです。反対に夏場のケールはやや苦味を感じるようです。

キューサイ青汁は味の調整を行っておりません。季節による味の変化は自然そのまんまなのです。もちろん、青汁の色も一定ではありません。季節によって異なり、冬に収穫されたケールで作られた青汁は色が薄く、夏は濃い色の青汁になります。

農薬・化学肥料不使用の国産ケール100%

■ ケールが青汁になるまで ・・・ 低酸素 新鮮クリア製法

国産ケールを新鮮なうちにしぼり、約マイナス40℃で急速冷凍

青汁ができるまで

■ キューサイ青汁(冷凍タイプ)の飲み方

キューサイ青汁(冷凍タイプ)は溶かしてお飲みください

青汁の飲み方 青汁の飲み方 青汁の飲み方
袋ごとあるいはぬるま湯につけて解凍してください 解凍後はコップにうつしてお飲みください。 においが気になる場合は、袋の端を切って、ストローをさしてお飲みください。
解凍に電子レンジや熱湯は使用しないでください。

青汁をパックのまま電子レンジで温めると、袋のとじ目部分が開いて中身が流れ出たり、栄養価が損なわれる可能性があります。電子レンジは使用しないよう、お願い致します。


■ キューサイ青汁(冷凍タイプ) 飲み方レシピ

おいしく飲むためのレシピ

■ キューサイ青汁(冷凍タイプ)の保存方法

キューサイ青汁(冷凍タイプ)は必ず冷凍庫(フリーザー)で保存してください

青汁の保存方法
常温・冷蔵庫での保存はできません。

家庭用の冷蔵庫は長期保存には向きません。お届けにあがってから、3ヵ月以内を目安にお飲みください。一度解凍したものは冷蔵庫に保存し、その日のうちにお飲みください。


  青汁を注文する

通常価格:1,130円(税込)

摂取目安量

◆飲用量の目安:1日2袋。青汁は薬ではありませんので、飲む時間帯や量に決まりはありません。

朝食前後あるいは就寝前に飲まれているお客様が多いようです。

厚生労働省では1日あたり野菜350gを摂取することを推奨しており、キューサイ青汁(冷凍タイプ)1袋(90g)は緑黄色野菜換算約100gとなりますので、お客様の食生活やご体調に合わせて量を調節していただくことをお勧めいたします。

ご注意

  • 本商品は、冷凍庫(-18℃以下)で保存してください。
  • 解凍する時は、袋のまま水またはぬるま湯につけてください。手でもむと早く溶けます。
  • 着色料、保存料を使用しておりませんので、解凍後はすぐにお召し上がりください。
  • 一度解凍したものは、すみやかにお飲みください。再凍結はお避けください。
  • 開封しにくいときは、ハサミをご使用ください。
  • お薬を服用中の方、野菜摂取制限を受けている方、通院中の方は、医師と相談の上お召し上がりください。
  • この商品はビタミンKを含みます。心臓・脳・血管などの疾患(いわゆる血栓症)でワルファリンカリウム(ワーファリン)などを服用中の方はご利用を避けてください。
  • 他の食品と同様、体質や体調によりまれに発疹・嘔吐・下痢・便秘・アレルギーなどの症状が出る場合があります。お体に合わない場合は、ご使用を中止し、医師にご相談ください。
  • 一度にたくさん飲むと、体調によりおなかがゆるくなることがあります。
  • 熱湯や電子レンジで解凍しないでください。
  • 開封時、衣服などを汚さないようにご注意ください。
  • 天産物を原料としているため、色・味等がことなることがあります。

  食生活は、主食・主菜・副菜を基本に栄養のバランスを。